ハッカーはIPSや通信会社の顧客データを盗むために偽の「緊急データ要求」を効果的に利用している


SNSのアカウント所有者や、特定の携帯電話で過去に利用されたインターネットのアドレスを知りたいというとき、アメリカでは裁判所による令状・召喚状が必要ですが、緊急時には令状・召喚状の発行を飛ばす「緊急データ要求(Emergency Data Requests:EDR)」を行うことができます。

セキュリティ専門家のブライアン・クレブス氏によると、ハッカーがこのEDRを悪用し、不正にデータを得ている事例があるそうです。