VRのゲームをプレイすると軽度の離人症が引き起こされるという研究結果


自分を取り巻く外界が現実のものだと感じられないという非現実感、自分自身の存在の確かさが感じられないという空虚感、自分の体が自分のものだと感じられないという非自己所属感を伴う精神症状を「離人症」と呼びます。

仮想現実(VR)によってこの離人症が誘発される可能性が、ドイツにあるボン大学の精神医学・心理療法科の研究チームによって示唆されています。

...