ウクライナの報道機関などを標的にしたロシアのハッカー集団によるサイバー攻撃をMicrosoftが妨害


2022年4月7日、Microsoftの顧客セキュリティー・トラスト担当ヴァイス・プレジデントであるトム・バート氏が、「ウクライナを標的としたロシアからのサイバー攻撃を混乱させた」というブログを公開しました。

今回Microsoftがサイバー攻撃を妨害したのは、ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)との関連が指摘されているロシアのハッカー集団「Strontium」だとのことです。

...