認知症やQOLの低下につながる「難聴」を再生治療で回復させるバイオテクノロジー企業の試みとは?


音や言葉が聞き取りにくくなったり完全に聞こえなくなったりする難聴は生活の質の低下や認知症にも関わる危険な病気です。

2015年にマサチューセッツ工科大学からスピンアウトしたFrequency Therapeuticsというバイオテクノロジー企業は、そんな難聴を治療するために「再生治療」に焦点を当てています。

...