なぜ「これは偽薬だ」と知っている人にもプラセボ効果が現れるのか?


プラセボ効果とは、処方された薬が実際には生理学的効果をもたらさない偽薬であっても、服用することにより何らかの改善が見られることを言います。

そんなプラセボ効果は服用する本人が「自分が飲むのは偽薬だ」と知っている場合でも発生するケースがあると、心理学系メディアのPsycheが解説しています。

...