食肉を培養肉や合成肉に切り替えると二酸化炭素排出量を80%削減できる


気候変動対策として数々の研究が行われる中、畜産や米の生産時に多くの二酸化炭素が排出されていることが明らかとなっており、気候変動を抑えるために食事習慣の変革が必要であると指摘されています。

新たにヘルシンキ大学の研究チームによって「食肉の代わりに植物由来の合成肉や培養肉を摂取すれば二酸化炭素排出量を80%削減できる」という研究結果が発表されました。

...