ココナッツを神聖視するカルト集団はなぜ滅んでしまったのか?


あるドイツ人がパプアニューギニアで発足させたカルト集団「ゾンネノーデン」は、太陽を崇拝し、太陽に近い場所で育つココナッツのみを食すという運動を行っていましたが、数年もたたないうちに解散してしましました。

「人はココナッツだけで生きていくことはできない」ということを証明したこの集団について、ライターのゾーイ・バーナード氏が解説しています。

...