10代の子どもが「母親の声を聞かないようになる」のは脳の変化が原因の可能性


幼い頃は母親の声にすぐ反応していた子どもが、思春期になると母親の声をあまり気にしないようになり、「どうしてママの言うことを聞かないの?」と口論になることは珍しくありません。

実際に、13歳頃の子どもの脳内では「母親の声を聞いた際の神経反応が変化し、他人の声の方がより価値を高く感じるようになる」ことが、スタンフォード大学医学部の研究チームにより報告されました。

...