SNSの投稿にユーザーの位置情報を表示するインターネット検閲を「偽情報と戦うため」という大義名分のもと中国が拡大中


中国のインターネット検閲当局は長年にわたり、中国国内のインターネットを統制するためにさまざまな規制やツールを設けてきました。

この中で、検閲当局は中国政府の意に沿わないSNSのアカウントや投稿を削除したり、特定のキーワードをブロックしたりしてきましたが、新たに「インターネット上に氾濫する偽情報と戦うため」という大義名分のもと、SNSの投稿にユーザーの位置情報をひもづけるという施策が展開されていると報じ…