「EUは児童を性的虐待から守る名目で一般市民を監視しようとしている」という批判


EUの政策執行機関である欧州委員会が2022年5月に、オンラインでの児童性的虐待防止の目的で「サービスプロバイダーは公的機関からの要求に応じて、ユーザーのメッセージをCSAM(児童性的虐待資料)スキャンする義務を負う」という規制を提案しました。

しかし、この規制は「一般市民の監視である」として、専門家から非難が殺到しています。

そんな中、ドイツの暗号化電子メールサービス・Tutanotaの共同創設者であるMatthias氏が…