Amazonの配達請負ドライバーの負傷率が18%超と業界水準よりもはるかに高いことが明らかに


Amazonは同社の配達業務を行うドライバーについて「業界平均よりも安全」と主張してきましたが、実際には配達請負業者のドライバーは、Amazon正規の配達ドライバーや倉庫作業員よりも負傷しやすい状況で働いている可能性が高いことが、アメリカ労働省の一機関である労働安全衛生庁(OSHA)と労働環境を改善するための非営利団体である「Strategic Organizing Center(SOC)」が公開したレポートにより明らかになりました。

続…