異例の感染拡大でWHOも警戒する「サル痘」に関する4つの質問に専門家が回答


2022年5月以降、本来はアフリカ以外でほとんど確認されないウイルス感染症「サル痘」の患者がヨーロッパやアメリカで急増しており、世界保健機関(WHO)は5月29日に「欧米の23カ国で合計257人のサル痘患者が確認された」と発表しました。

WHOも警戒継続を訴えるサル痘に関する「4つの重要な質問」について、科学誌のNatureがさまざまな専門家の見解をまとめています。

...