体外受精時に「胚の遺伝子検査」を行ってがんや心臓病のリスクを予測するビジネスが登場している


近年では体外受精によって子を授かる親が増えており、体外受精によって生まれる赤ちゃんの数は年間50万人を超え、産業規模も140億ドル(約1兆7800円)に達しています。

そんな中、体外受精によってできた受精卵(胚)の遺伝子検査を行い、「将来の疾患リスク」について予測するビジネスが登場していると海外メディアのBloombergが報じました。

...