体の中でちっちゃな蜘蛛がウゴウゴ… 世界最小のRCナノロボ


アメリカはイリノイ州にあるノースウェスタン大学が、小さなちいさなロボットを開発しました。

どれくらい小さいかというと、ノミよりちいさく、1セント硬貨(厚さ約1.52)の縁を歩けちゃうくらい。

ナノロボットは以前から研究開発が行われていましたが、このロボットは遠隔操作できるのがミソ。

世界最小のRCロボットの誕生です。