グループが互いに協力して何かを成し遂げるにはどんなコミュニケーションが有効なのか?


世の中には「複数人が協調した方がメリットが大きい場面」が数多く存在し、過去の研究でも集団行動が汚染や廃棄物の削減、乱獲の抑制、科学者間のデータ共有などに役立つことがわかっています。

ところが、集団行動には「最初に行動する人が損をする可能性がある」というジレンマが存在するため、なかなかうまく集団行動ができないことも多々あります。

そこで、ロンドン大学クイーン・メアリー校やグリニッジ大学、ケンブリッジ…