1日1個の卵が心臓病のリスクを減らすことが判明、「善玉コレステロール」がカギ


卵はタンパク質などの栄養が豊富ですが、血管をつまらせ心血管疾患のリスクになるとされるコレステロールも多く含まれていることから、卵の摂取を控える人もいます。

卵の消費量と心血管疾患の関係を調べた以前の研究では、「卵の食べ過ぎが心臓病につながることはない」ことが示されていますが、血液中の225種類もの成分を分析した新たな研究により、適度な卵の摂取は心臓病につながらないどころか「心臓病や脳卒中のリスクを…