「誰がいつ・どこで・どんな商品を購入したのか」のデータを収集することをノルウェー統計局が決定


「誰がいつ、どこで、何を購入したのか」は個人のプライバシーに密接に関わるデータであり、これだけでも個人の生活習慣や趣味などが丸裸となってしまう可能性があります。

そんな人々の購買行動を追跡するため、ノルウェー統計局が「主要なスーパーマーケットチェーンの全領収書データや取引の80%を超える決済処理データ」を収集することを決定し、プライバシー専門家から反発の声が上がっています。

...