「ストレスを感じていること」を表に出す人の方が好かれるとの研究結果


小さな子どもは気に食わないことがあるとすぐに泣いたり怒ったりしますが、大人は嫌なことがあってもあまり顔には出さないものです。

また、弱さを見せることを嫌って、弱音や本音を口に出さない人もいます。

しかし、不機嫌なことを表に出す人はあまり慕われないというイメージとは裏腹に、「ストレスを感じていることあらわにする人ほど好かれる可能性がある」ことが、実験により判明しました。

...