「AppleとGoogleはモバイルブラウザ市場で反競争的行為を行っている」とイギリスの規制当局が報告


近年は大手テクノロジー企業に対する独占禁止法違反の取り締まりが厳しさを増しており、規制当局はさまざまな分野において独占禁止法違反の可能性を調査しています。

そんな中でイギリス競争・市場庁(CMA)が、「モバイルブラウザ市場をGoogleとAppleが占有している」として、GoogleとAppleへの調査を計画していると発表しました。

Appleに対しては、さらにクラウドゲームサービスの制限に関しても調査が検討されています。