中国の巨大電波望遠鏡で「宇宙人の痕跡と疑われる信号」が検出される


2022年6月に日本の探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」から持ち帰ったサンプルにアミノ酸が含まれていたことが報告され、生命の起源が宇宙にあることを示す証拠になり得るとして大きな話題となっています。

そんな中、北京師範大学の研究チームが巨大電波望遠鏡「500メートル球面電波望遠鏡(FAST)」で「地球外文明の痕跡と疑われる信号」を検出したことを発表しました。

...