太陽系のそばをただよう「浮遊ブラックホール」


by UC Berkeley 巨大な天体が崩壊して形成されると考えられているブラックホールは、天の川銀河全体に何億個も存在しているはずですが、ブラックホールは光を発しないため、孤立した位置に存在していると観測することができません。

複数の研究チームは重力マイクロレンズ法と呼ばれる観測法により、直接観測ができない単独で存在する「浮遊ブラックホール(free-floating black hole)」を、地球から数千光年離れた天の川銀河内…