ウクライナ侵攻後のロシアのサイバー攻撃対象は計43カ国で63%がNATO加盟国


Microsoftのデータサイエンスチームがウクライナで進行中の戦争における脅威の状況を調査した結果を公開しました。

ロシアによるウクライナ以外の同盟政府、非営利団体、その他の組織におけるサイバー攻撃やスパイ活動の増加など、新たな情報が明らかになっています。

...