テスラが自動運転システム開発の従業員200人を解雇


テスラはカリフォルニア州のサンマテオにあるオフィスを閉鎖し、ドライブアシスト機能などの専門であるオートパイロット部署の従業員200名を解雇したことが判明しました。

今回解雇された200名のほとんどは、顧客車両からの運転データをラベリングする業務をしていた時間給の従業員。