訴訟を有利に進めるために弁護士や裁判の当事者にハッキングを仕掛ける「傭われハッカー」の実態とは?


Googleの脅威分析グループ(Threat Analysis Group:TAG)が2022年6月30日に、ハッキングをサービスとして行う「雇われハッカー(hack-for-hire)」がインドやロシア、アラブ首長国連邦で台頭しているとのレポートを公開しました。

また、ロイターもインドで暗躍する雇われハッカーについて取り上げた特集を組んでおり、これらの記事により金で雇われてハッキングし訴訟を有利に進める雇われハッカーの脅威が浮き彫りになっています…