親の行動の「予測可能性や一貫性」が子どもの健全な脳の発達のカギとなる


近年では、子どもの発達において幼少期の経験が重要な役割を果たしていることが知られており、研究者は子どもの発達に影響を及ぼすさまざまな要因を調査しています。

カリフォルニア大学アーバイン校の小児科学・生物物理学教授を務めるTallie Baram氏らの研究チームが発表した論文では、「行動が予測しにくい、あるいは行動の一貫性がない親に育てられた子どもは、感情的な脳の発達が妨げられる可能性がある」との結果が示され…