就職希望者の半数以上が賃金や福利厚生よりも「雇用主や企業の価値観」を重視しているという調査結果


就職希望者が仕事を探す際は、賃金や福利厚生など多様な視点をもとに、自らの希望する条件と合致する企業を探します。

近年の就職希望者に関する調査では、就職希望者の半数以上が賃金や福利厚生よりも「企業の価値観が自分の価値観と合致しているか否か」を重視することが明らかになっています。

...