「2022年7月8日に世界人口の99%が太陽を拝める」というのは本当か?


地球は太陽を中心に公転しながら、1日に1回自転しています。

この自転によって昼と夜が入れ替わり、そして公転と地軸の関係で季節ごとによる昼夜の長さが変わります。

2020年頃からインターネットで「2022年7月8日11時15分(世界標準時)に、世界人口の99%が空に太陽を見ることができる」という言説がささやかれており、ノルウェーのタイムゾーン管理ツールを開発する企業・Time and Dateがこの説を検証しています。

続きを…