「子どものうち1人は僧侶になって生涯独身で暮らす」という慣習がもたらす生殖上のメリットとは?


生殖行動は生物の進化の中心にある営みですが、世界中のさまざまな宗教団体では「宗教者が独身であること」が義務づけられています。

生物の本能に矛盾しているようにも見える宗教における独身主義について、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームがチベット仏教の僧侶およびその家族を対象にした研究で、「子どものうち1人を寺院に送って生涯独身の僧侶にする」という慣習がもたらすメリットが明らかになりました…