Googleが広告事業の独占禁止法訴訟を回避するために譲歩策を提案、何が問題でどのように対処するのか?


Googleは検索市場に関する独占禁止法違反で繰り返し提訴されていたり、自社広告を不当に優先させる秘密プログラム「プロジェクト・バーナンキ」の存在が問題視されたりと、その強大すぎる影響力から独占禁止法違反について指摘されるケースが多くあります。

そこでGoogleやYouTubeを運営するAlphabetは、独禁法訴訟を回避するための譲歩策を新たに講じていることが報じられています。

...