B型インフルエンザウイルスのいかなる変異にも対応可能な新型ワクチンが開発される


毎年流行するインフルエンザの重症化リスクを下げるためには、インフルエンザワクチンを毎回接種する必要があります。

しかし、インフルエンザウイルスの抗原性が変化するため、ワクチンの効果がきかないこともあります。

ジョージア州立大学生物医学研究所の研究チームが、B型インフルエンザのさまざまな株に対応する新型ワクチンを開発したと発表しました。

...