Uberが不正車両の摘発を逃れるために警察関係者のスマホに「偽の画面」を表示していたことが判明、カードの詳細情報にもアクセスか


2022年7月に「Uberファイル」と呼ばれるUberの12万4000点以上の機密資料が流出し、Uberが捜査当局の操作妨害システムを配備していたことや、Uberの幹部が各国の有力者と懇意になっていたことなどが明かされました。

新たに、「Uberファイル」を入手したThe Guardianによって、Uberが警察の操作を逃れるために警察関係者にのみ異なる画面を見せるシステム「Greyball」を開発していたことが報じられています。

加えて、Uberがユー…