Googleが広告事業の独占禁止法訴訟を今後数週間で起こされる可能性あり、Googleの譲歩策が拒否されたため


Googleは「Googleに広告を出すためにはGoogleの広告システムを使う必要がある」という点が主な問題点となって、独占禁止法に抵触する恐れがあったため、GoogleやYouTubeを運営するAlphabetの傘下にある他の企業に広告事業を分割するという譲歩策をアメリカ司法省に提案しました。

しかしながら司法当局はこの譲歩を拒否したため、2022年7月後半から8月前半にかけてGoogleへの独禁法訴訟を起こす可能性があると報じられています…