世界はだんだんとカラフルさを失っているという指摘