Twitterから540万人分のアカウント情報が流出しハッカーが400万円で販売


Twitterが、2021年6月に更新したコードにアカウントの電話番号とメールアドレスを取得可能な脆弱(ぜいじゃく)性があったことを明らかにしました。

Twitterの発表以前に事態を報じていたニュースサイトのBleeping Computerによると、流出した情報は540万人分で、ハッカーがフォーラムで400万円の値をつけていたそうです。

...