妊活アプリの90%以上が「プライバシー垂れ流し」だということがMozillaの調査で判明


Mozillaが2022年8月17日に、リプロダクティブヘルスおよび不妊治療用のアプリ20個のうち、18個で個人情報の漏えいリスクが見つかったと発表しました。

アメリカで女性の人工妊娠中絶を認めるロー対ウェイド判決が覆され中絶の違法化が進む中、アプリに収集されたデータが中絶を求める女性の捜査に使われるとの懸念が高まっています。

...