多国籍大企業はプラスチックのリサイクルをサボりながらイメージアップしている


製品に大量のプラスチックを使用しているコカ・コーラに代表される大企業の「プラスチック問題の解決に尽力している」という主張はいったいどこまで実行されているのでしょうか。

Bloomberg(ブルームバーグ)の調査報道によって、多国籍企業がガーナで実施しているプラスチックごみ削減への取り組みは、プラスチック規制の脅威から逃れるためのイメージ戦略でしかなく、肝心の約束は守っていなかったという…