ソニーが8100億円の訴訟に直面、PlayStationの販売手数料30%が高すぎるとの主張


イギリスの消費者権利擁護団体が、PlayStation Storeを通じて行われたデジタル販売に対して課されている30%の手数料が高額過ぎるとして、PlayStationプラットフォームの運営元であるソニーを訴えました。

訴訟を起こしたのはアレックス・ニール氏で、最大50億ポンド(約8100億円)の損害賠償金の支払いを求めています。

...