サメの一種は「陸地を30m歩いて移動する能力」を持っている、気候変動による環境変化に適応できる可能性も


オーストラリアやニューギニア島の浅瀬に生息するサメの一種・マモンツキテンジクザメは、ヒレを足のように使って陸地を歩き、30m離れた場所まで移動する能力を持っています。

研究者は、この能力が海洋の温暖化や気候変動にうまく適応して生き残る上で重要だと考えています。

...