ロシア・中国・イランに親アメリカの印象操作をTwitter・Facebook・Instagramで行った大規模な影響力作戦の実態とは?


Stanford Internet Observatory(SIO)とSNS分析会社のGraphikaが報告した共同レポートによると、Facebook、Instagram、Twitterから削除された複数アカウントの大規模なネットワークを分析した結果、中東や中央アジアのユーザーがアメリカに対して良い印象を持つように、あるいはロシアなどに悪い印象を持つようにするためのキャンペーンが行われていたことが明らかになりました。

レポートはその大規模キャンペーンの実態や、SNS…