「血液型」によって比較的若い頃の脳卒中発症リスクが異なることが判明


脳の血管が詰まったり破れたりする脳卒中は世界中の人々に影響を及ぼす病気であり、これまで脳卒中リスクに関するさまざまな研究が行われてきました。

新たな研究では、「血液型がA型の人は60歳未満の比較的に若いうちに脳卒中を発症するリスクが高い」という結果が示されました。

...