YouTubeはもっとも収益性の高い「ブランド広告」を廃止する寸前だったことが明らかに


Bloombergの記者であるマーク・バーゲン氏が執筆した「Like, Comment, Subscribe: Inside YouTube’s Chaotic Rise to World Domination」という書籍の中で、YouTubeを含むGoogleのあらゆる広告技術の運用を担当したSridhar Ramaswamy氏が、すべてのブランド広告、つまりは従来のTVCMに似たYouTube動画の前後に再生される動画広告の廃止を検討していたことが明らかになっています。

なお、Ramaswamy氏の提案にはスーザン・ウォジ…