地球に近い環境の「スーパーアース」が東大の研究チームによって発見される


恒星から適切な距離を保って生物が生存可能な温度を確保できる宇宙領域は「ハビタブルゾーン」と呼ばれており、地球に近い環境の惑星「スーパーアース」がハビタブルゾーンで複数発見されています。

新たに、東京大学やベルギーのリエージュ大学などが参加する国際的な研究チームが、太陽系から100光年離れた2つのスーパーアースを発見しました。

...