脂肪細胞から脳への「直通回線」が肥満を促進している可能性、回線を切ると脂肪が燃焼したとの研究結果


マウスの神経細胞を可視化する研究により、脂肪と脳の間にある神経ネットワークの存在が明らかになりました。

研究者がこの接続を切断したところ、マウスの脂肪の燃焼が促進されたことから、この研究結果は将来的に肥満やメタボリックシンドロームといった代謝性疾患の治療に応用できると期待されています。

...