チェス世界王者マグヌス・カールセンが対戦相手の不正疑惑について「もっと多く不正している」と声明を発表


チェス世界王者であるマグヌス・カールセン氏が、2022年9月の対局で2手目に投了したことについて、対戦相手のハンス・ニーマン氏が不正行為をしていると考えたことによるものだという声明を発表しました。

ニーマン氏は「12歳と16歳のときに不正をしたものの以降は不正はしていない」と弁明していますが、カールセン氏は「もっと最近も含めて、多くの不正行為をしている」と指摘しています。

...