胎児が母親が食べたものの味に反応して笑ったり泣いたりしていることが判明


妊娠中の女性の喫煙や飲酒が胎児に影響を与えることはよく知られています。

さらに、新たに行われた胎児の表情が分かる高精度な超音波スキャンを用いた研究により、胎児は母親が食べた食品の味に反応していることが直接確かめられました。

このことから、妊娠中の母親の食事が生まれた後の赤ちゃんの食わず嫌いを予防するカギを握っている可能性が示されています。

...