ランサムウェアに感染した学校が身代金の支払いを拒否した結果、機密レポートや人事記録などがネット上に大量流出


ランサムウェア・ギャングとして知られるVice Societyという攻撃者が、全米第2位の学区であるロサンゼルス統一学区(LAUSD)から流出させたデータを公開しました。

データの公開が行われる2日前に、LAUSDの代表者は攻撃者から身代金の要求を受けたことを明らかにしつつ、身代金の要求に屈しない姿勢を声明で示していました。

...