子どもへの体罰は発達リスクを増加させるだけで悪影響しかないと20年の研究を総括


幼少期の子どもを教育するために体罰を用いると、体罰を受けた子どもは社会適応性や言語・運動能力の発育が遅れやすいという研究や、怒鳴りつけて叱ると素行不良やうつ病につながるという心理学研究などがあります。

カナダにあるマニトバ大学の研究者がカナダ医学会ジャーナル(CMAJ)に掲載した論文では、1990年代から20年間にわたる研究の流れをまとめつつ、「子どもの体罰に関するリスクと効果」の結論を再確認する重要性を説…