「不幸や孤独」は喫煙よりも人を老けさせるとの研究結果


これまでの研究により、「財産を失うという不幸は健康に多大な影響を及ぼす」ことが分かっているほか、「孤独がつらいのは体による危険信号」であるとも言われています。

そんな不幸や孤独が人の老化に与える影響を、AIを用いて作成した「加齢時計」で測定する研究により、不幸は喫煙よりも加齢に与える影響が強いことが判明しました。

...