「昔はワクワクさせられたテクノロジーを今や疑わなくてはならなくなった」という主張


エディンバラ大学でテクノロジーやAIについて研究しているシャノン・ヴァロワ氏がTwitterで「今のテクノロジーは長らくユーザーの誘導と監視を重視しているため、新しいテクノロジーについて感じていた喜びが少しずつ失われてしまったことは本当に悲しいことです。

以前は逆で、テクノロジーは私が最も愛したものの1つです」と語りました。

このヴァロワ氏のツイートに対して、経済学者であるフリスコ・アップリンク氏があるエピ…