偽の記憶にまつわる「記憶の7つの罪」とは?なぜ自白を証拠にしてはならないのか?


覚えているいるはずの記憶がなかなか思い出せなかったり、自分の記憶と周りの人の記憶が違ったりした経験がある人は多いはず。

人間の記憶が変容してしまうことの問題や、しばしば「証拠の王」とされる自白を犯罪捜査に採用することの是非について、ダブリン大学トリニティ・カレッジの神経学者であるシェーン・オマラ氏が解説しています。

...